Img_71c2bb5b191ceed9f4fc5b1fef5ffb1c
atelier Yazd アトリエ・ヤズド 塩田時子

2002年から鞄生産の現場で働きながら、
2005年から制作ユニット『Seasoning Notes』にて、
関西を中心に7年間活動を展開。
2012年から地元である三重県名張市に工房を移し、
『atelier Yazd』としての活動をスタート。
屋号の「ヤズド」は、イランの旅で感銘を受けた街の名前です。

日常の生活の中で浮かんだ好きなカタチを鞄や小物にうつし、
ヌメ革、綿・麻などの天然の素材、軍のデッドストックの素材、
古裂等の骨董素材などを組み合わせて、
強度や使い勝手を考慮しつつ、
その時に使える最善のモノ、その時に出せる最善の作りで、
ひとつひとつしっかりとお作りしています。

イランで出逢ったキリム絨毯の柄のモチーフと、
そこに込められた意味を基に、
独自の解釈も加えて作ったキリムモチーフの刺繍を
商品のどこかに刻んでいます。

*刺繍の意味

・目  魔除
・星  幸福・豊穣の象徴
・水  水の流れのように幸福が続くように
・鳥  幸福・愛・喜びの象徴
・生命の樹  不死・不屈・不滅・成功・永遠の命の象徴
・太陽  不死や再生のイメージ。
     太陽のようにゆるぎなく、平和や豊かさが続くように。